HOME 首都圏の中学校を探す 検索結果一覧 東海大学付属相模高等学校中等部
神奈川県 相模原市 共学 中学 高校 短大 大学
系列高校を見る

東海大学付属相模高等学校中等部

とうかいだいがくふぞくさがみ
東海大学付属相模高等学校中等部の電話番号 042-742-1251
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは旺文社『2016年度入試用中学受験案内』から掲載しています。 2014年12月~2015年2月時点の情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

東海大学付属相模高等学校中等部の学校情報
中高大一貫教育で、英語力とグローバルな視点を育む
■ 校長名 大金 眞人
■ 沿革 1963年、東海大学付属相模高等学校を開校。1980年、東海大学付属相模中学校を開校。2008年、東海大学付属相模高等学校中等部に校名変更。
■ 生徒数 < >は1クラスの生徒数
1 年 男:102 名  女:59 名  (4クラス〈40~41名〉)
2 年 男:100 名  女:64 名  (4クラス〈40~42名〉)
3 年 男:113 名  女:63 名  (4クラス〈44名〉)
■ 所在地 〒252-0395 神奈川県相模原市南区相南3-33-1   Googleマップを表示する
■ 最寄り駅 小田急線小田急相模原駅南口から徒歩8分。
■ 教育方針 1. 東海大学の建学精神を基本理念として、人道主義に基づいた人間教育・人格教育を目指す。
2. 国際化・情報化に対応したカリキュラム。中高大一貫教育システムで基礎学力重視の教育を行う。
3. 英語教育・理数教育・文武両道教育を重視。
週当たりの5科授業時間数 (2015年度)
(中1)  英-4 数-4 国-4 理-3 社-3
(中2)  英-4 数-4 国-4 理-4 社-3
(中3)  英-4 数-4 国-4 理-4 社-4
東海大学付属相模高等学校中等部のカリキュラム 2期制、50分授業、週30時間。効率よく編成されたカリキュラムで、高校進学への基礎学力の定着を図る。英語教育の柱は「英会話」と「総合学習」。英会話は分割授業でコミュニケーション能力を高め、総合学習では情報・英語を中心に学ぶ。数学は全学年で少人数制授業を実施している。
東海大学付属相模高等学校中等部のクラブ活動 加入率は9割以上。中高別に活動。運動部14部、文化部7部、同好会6。柔道部は全国大会でも活躍。ほかに、サッカー、卓球、陸上、吹奏楽、英会話、自然科学など。高校では、野球部のように全国レベルの実力を誇る部も多い。
東海大学付属相模高等学校中等部のイベント 東海大相模建学祭(文化祭)は、10月に中高合同で行われる。中学の体育祭は10月の土曜日に実施(ともに公開)。1年次は、4月に東海大学誕生の地、静岡県に錬成旅行(2泊3日)、建学の精神を学ぶ。ほかに芸術鑑賞教室、修学旅行(3年次、広島・関西方面)、スキー教室、球技大会、学園オリンピック、山中湖英語研修、合唱コンクールなど。
東海大学付属相模高等学校中等部の施設設備 300インチのハイビジョンを備えた700人収容可能な大ホール、コンピュータが1人に1台備わる情報教室、柔道場、総合グラウンド(人工芝)、野球場、野球雨天練習場、2つの体育館、理科自然園(ビオトープ)、食堂(800人収容)など。
東海大学付属相模高等学校中等部の海外研修 系列高校進学までの春休みを利用して、3年次対象のハワイ英語語学研修(約2週間、希望者)を実施している。
保護者のための情報

●年に4回保護者会、授業参観がある。
●中高一貫生の高校入学金は高校入学生の半額の100,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約440万円。
●2014年春の高校の東海大進学率は約83%。
●募集要項:2015年度用は9月中旬から学校説明会・学校窓口で配布した(無料)。

東海大学付属相模高等学校中等部のスクール情報早見表
帰国生特別枠(東海大学付属相模高等学校中等部)
転入生受け入れ(東海大学付属相模高等学校中等部)
寮がある(東海大学付属相模高等学校中等部)
特待生制度(東海大学付属相模高等学校中等部)
制服着用(東海大学付属相模高等学校中等部)
持ち物指定(東海大学付属相模高等学校中等部)
カウンセラーがいる(東海大学付属相模高等学校中等部)
携帯電話の持込(東海大学付属相模高等学校中等部)
土曜登校(東海大学付属相模高等学校中等部)
海外研修 語学研修(東海大学付属相模高等学校中等部)
食堂利用可(東海大学付属相模高等学校中等部)
登校
8:25
下校
17:30
朝学習・朝読書が日課。寮は柔道部(中・高)、野球部(高校)。保護者の転勤などの場合、相手校に欠員があれば東海大学の付属中学校を紹介。制服代は男子約40,000円、女子約45,000円。指定品代は約25,000円。土曜日は月1回授業。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。高校では、ハワイとニュージーランドへの中・長期留学(希望者)を実施している。

 



学校のひろば

「学校のひろば」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

【災害・地震対策】緊急時においては、「一斉メール配信」にて通知。<2013/12/26掲載>

お気に入り学校リスト

登録がありません。


中学受験まるわかり

【NEW】中高一貫教育校公立中高一貫教育校中学受験フロー受験でかかる費用など中学受験の基礎知識を解説します。

もっと見る

編集部のおすすめ
2016年度入試用「中学受験案内」好評発売中!
学校からの最新情報を「学校のひろば」で確認しよう!
2016年中学入試に勝利するために!中学入試の最新動向&合格対策をアドバイス
入試問題にチャレンジ!
子どもの成績がアップする保護者のサポート術
[免疫料理人の健康生活アドバイス]
自分だけのリラックスタイムは?
【お知らせ】
プレゼントが当たる!新しい学習アプリの名前を考えよう!(~5/15)


人気記事ランキング
【リアルタイムの順位】

  1. 指定校推薦枠がある高校【東京】
  2. 転入のできる中学校【東京】
  3. 指定校推薦枠がある高校【埼玉】
  4. 高校独自の奨学金情報【東京】2015年度入試用
  5. 中学校独自の奨学金情報【東京】2015年度入試用
  6. 指定校推薦枠がある高校【千葉】
  7. [理科編]動物・植物編〈わたしたちの体〉 二酸化炭素以外の不要なものの処理を知ろう